新たな商流めざしミラノでワークショップ

2019年11月12日 事業

参加者が自ら調理し試食、商談会

日本米粉協会(服部幸應会長)は欧州での日本産米粉の輸出拡大に向けて、イタリア・ミラノで11日から3日間の日程で「第2回ミラノKOMEKO試食会&商談会」を開いています。初日の11日は市内の調理施設「Teatro7」に卸業者やレストラン・製菓店、健康食品店など招待した業者関係者15人余りが参加しました。試食会は、ワークショップ形式で参加者が実際に調理し試食、意見交換をしました。その後、商談会を持ちました。

天ぷらの調理を熱心に見入る参加者

ミラノでは、5月のプロモーションに引き続き取り組むもので、調理実演の指導は、日本から同行した小林生麺(株)、(株)たふぃあ、(株)波里の関係者が行いました。この日は「日本の麺を中心にした日本料理への活用事例」として、参加者が調理したのは「天ぷら」(日本米粉協会)、「ラーメン」(小林生麺)、「米粉でとろ~りカレー」(たふぃあ)、「こまち麺玄米」(波里)などでした。レストランのシェフといえども慣れない日本料理だけに質問をしながらも最後には、おいしそうな調理品に仕上げていました。このほか事前に準備したお好み焼き、蒸しケーキなどを試食しました。

参加者は自ら調理して試食した

現地シェフからは高い評価、同行事業者は手ごたえ

レストラン「IYO」で、イタリアで初めて和食によるミシュランを獲得して、その後「Ichikawa」をオープンした市川晴夫シェフは「優れた日本産米粉に改めて感心した」と話し、使用した米粉・加工品を手にして「メニュー化ができるかすぐにも試してみたい」と語っていました。

試食会後は希望する参加業者と商談会が持たれました。同行し調理指導もした小林生麺の麥島誠二さんは「かなり細かい点まで質問された」と、現地業者の熱心な対応にイタリアでの具体的な商流に手ごたえを感じていました。

2日目の12日は「イタリア料理の活用事例」を初日と同様に行うとともに面談形式の商談会を持ちます。また、13日には事前に日程調整したミラノ市内及び北イタリアのデストリビュータやレストランを訪問し、貿易会社の担当者も交えて個別に開くことにしています。

EUの分析機関で「グルテン検査限界検出せず」をサンプル輸出

会場内には、協会会員事業者が提供してくれたサンプル輸出商品が並べられました。今回は9社から米粉・米粉ミックス粉20商品、米粉麺15商品、菓子4商品が“現地入り”しました。日本でノングルテン認証を受けているみたけ食品工業(株)の米粉以外の全商品をEUの分析機関でグルテン含有量検査を行い、「検査限界3ppm」を検出せずとのお墨付きを得て、現地関係者にお披露目しました。

EUの分析機関でグルテン含有検査を行い陳列したサンプル輸出商品

なお、同じミラノ市内で14、15の両日に開くジェトロ主催の「ミラノ日本産コメ加工品輸出商談会2019」にも、日本米粉協会と日本の2事業者が参加します。

資料ダウンロード

ページトップ