日本米粉協会 事務局を公募します

2020年03月23日 事業

日本米粉協会の事務局は、これまでNPO法人国内産米粉促進ネットワークが担っておりましたが、諸般の事情で令和3年5月をもって事務局を交代する予定です。

つきましては、事務局機能を適切に担っていただく組織・団体の公募を下記のとおり行います。

1.公募名称
日本米粉協会事務局の公募
2.公募対象
別添に掲げた取り組み(事業)が適切に行える、東京近郊に所在する企業・組織
3.申請方法
日本米粉協会事務局の公募の申請書を当協会のホームページからダウンロードし、申請受付期間内に提出してください。
ダウンロード:公募申請書(WORDファイル)
4.審査
日本米粉協会は、申請書に基づき審査を行い、審査の結果を通知します。
5.公募期間(申請受付期間)
令和2年3月24日(月)~4月30日(木)
6.送付先及び問い合わせ先
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-21 大手町モダンビルディング702
日本米粉協会事務局
担当=柏﨑元一、嶋村文明 TEL03-5283-6335 FAX03-5283-7634
E-mail:info@komeko-org

以上

日本米粉協会事務局の主な取り組み(事業)

(1)会員の維持拡大と管理
現在の会員は110会員(3月1日現在)。協会運営の基盤を成すものだけに維持拡大を図るとともに会費徴収等の管理運営を行う。
(2)会員へのメリット還元
ホームページ上に「会員紹介コーナー」を設け、会員企業や製品紹介を行っている(希望者のみ)。その他、農水省の情報等を含め、最新情報等をメールで提供している。
(3)各種申請受け付け、管理及び制度の普及啓発
①ノングルテン米粉認証制度及び認証機関(日本保健環境機構)の管理
②用途別推奨ロゴマークの申請受け付けと管理
③ノングルテン米粉を使用した加工品の登録申請受け付けと管理
(4)認証委員会の運営
上記の内容、その他米粉に関わる諸課題等が生じた場合、専門的知見を得るため、必要に応じて認証委員会を開催する。
(5)理事会の運営
年3回の定期的な開催のほかに、必要に応じて開催する。
(6)米粉に関わる相談の対応
協会のホームページを経由した問い合わせの他、メール、電話での様々な問い合わせが寄せられる。基本的には事務局で対応しているが、内容によっては専門家の対応を仰ぐ場合もある。
(7)米粉協会が事業主体となった場合の補助事業の推進
農水省の米粉の需要拡大に関連する各種補助事業について、協会が申請、事業主体となった事業の推進を担う。
(8)ホームページの運用
協会専用のホームページを開設している。閲覧者を増やすため、最新情報を掲載するなど更新に努めており、加工品の登録申請に係るeラーニングも運用している。

以上

ページトップ